• shopping cart

2021/05/28 00:30


Hello, one/one スタッフです。

さてさてphotographerのTAKUYAさんのとのお話もFinal episodeになります!
ここまで写真・ものづくりについて心に秘められた熱い想いを話してもらっておりますが、
最後のテーマは、「動物愛護」。

one/oneがこのブランド活動を通して貢献していきたい、大切な要素です。
TAKUYAさん自身、身近なところで保護犬を家族として迎え入れていた経験や
「動物と人」を撮ることも活動として行っている中で、このテーマをどのように捉えているのでしょうか?

「動物と人間の写真を撮っていく中で、気づいたこと。
人間以外(今回であれば犬にフォーカスしてみた時に)と一緒にいる人は感情が豊かになれると信じている。
面倒だし、世話がかかるけど、感情が豊かになるし、私たちはそれを求めているのか。
きっと、言葉を交わさずとも気持ちを通わせることができるということは、不思議なくらい人の感情に影響を与えているのだと思う。
そして保護犬、動物愛護というカテゴリーに対しても実は、人間が自らもうけている領域であって、ひょっとすると動物たちが付き合わされている可能性だってある。
癒されるだけではなく、生活を、人生を、ともにしていく時に、人間や動物がどういうことを求めていて、そのGAPってなんなのだろうか。100%理解することはできないけれども、この答えを探しながらシャッターを切っている。」

「このテーマは、本当に、人と動物が共存していく壮大なテーマであるけれど、
共存することで成り立っている日常を垣間みたいし、そんなありのママの写真を撮り続けたい。」

one/oneとしてもその日常の一瞬を笑顔にできるようなサポートができるものを
お届けできたら、本望であり、このテーマをブランドの中で掲げながら、
動物とともにしあわせに暮らしていくために、忘れてはいけないテーマだと感じているので、さまざまなコンテンツを通して発信し続けていきます!

次回は、保護犬譲渡に精通した心強いパートナー ペッツホップさんのお話です!
Thank you for reading!
See you soon!Have a wonderful day〜♡